簡単な学部紹介も終わったところで、次は慶應大学について自分で調べる時期についてお話したいと思います。調べるといっても先の学部紹介のような試験科目などのことではなく、いわゆる雰囲気や気風
といったものです。夏休みに開催されているオープンキャンパスでもよいです。もし知り合いに慶應大学の学生がいれば、案内をおねがいして講義を聴きにいってみるのもよいでしょう。直前気には勉強も佳境になってしまうので10月ごろに一度大学にいってみることをオススメします。大学の雰囲気に触れ、受験勉強へのモチベーションも上がると思います。

そしてこの時期にもう1つ調べなければならないものがあります。それは「自分の現在状況」です。先の学部紹介でもお話しましたが、慶應大学は学部や試験形式によって特徴があります。自分の行きたい学部が1つに決まらない場合や、試験方式で迷った場合にどちらの受験方法のほうが自分に「有利か」を考える必要があります。その考える材料として自分の現在の学力、得意不得意、などを知らなければなりません。そのために必要なのが模試です。模試を受け、その結果から自分自身のことを「研究」していく必要があります。よくない合否判定だったとしても気にやまずにしっかりと模試を活用していくことが大切です。僕の場合は物理が得意科目だったので、理工学部の中でも、物理の配点が大きい学問1で受験をしました。もちろん自分の勉強したい内容の学科があれば最優先にすべきですが、受ける学科が本当に自分に合っているのかということも考え直してみる時期でもあります。

これら二つのことを調べるこの時期は、勉強時間もどんどん増えていく時期でもあるので、受験勉強の合間の休憩として、工夫して時間を使う必要があります。時間がもったいないからと、これらのことを調べずに試験前にあわてて調べて受験する人もいますが、試験直前に自分の弱点を発見してもそれを直すことはできません。この時期/a<>に、自分の受験する学部を合格するために今の自分には何が足りていないのか、どうすれば合格できるのかということを考える必要があります。このような「合格からの逆算」とも呼べる作業は慶應などの難関大学合格には必須です。

コメントを残す